結婚指輪の形状

ストレートラインのマリッジリングは、結婚指輪という印象が強いほか、流行り廃りがなく、飽きの来ないデザインです。また、女性にとっては、他のアクセサリーなどと合わせやすいというメリットもあります。そして、シンプルなデザインであるため、男性にとっても着用時の抵抗がないという利点があります。ストレートラインのリングは、人それぞれに、着け心地の良い幅や太さのものを選ぶことが大切です。細すぎるものだと強度が不足し、太すぎるものは、隣の指と当たってしまいます。

その他に、結婚10周年などの節目に、「エタニティーリング」と呼ばれるぐるりとダイヤの施されたリングを持ちたいと、将来的に考えている人も見受けられます。そのような方にも、ストレートラインのリングは、エタニティーとの重ねづけをした時に美しく映えるのでおすすめです。

次に、ウェーブラインのリングは、指に流れるような動きを表現した非対称の魅力があります。昨今では、しっかりとした印象のものより、繊細なイメージでさり気なく着けられるものが人気を呼んでいます。ただし、あまり華奢なものだと、強度が不足してしまうので、注意する必要があります。よって、ウェーブラインのリングを結婚指輪にする場合、ある程度の太さがありながら、指馴染みの良いものを選ぶのがおすすめです。

マリッジリングの特徴

結婚指輪は、結婚の証として、生涯に渡って身に着けることとなる品です。そのような事情を踏まえると、お洒落のためにつけるリングと比較して、ファッション性だけではなく、耐久性や使い勝手などの条件も大切なファクターになると言えます。ただ、一口に結婚指輪と言っても、昨今では、いろいろな商品が市場に出回っています。そのような状況の中で、どれが良いのか分からないという人も多く見受けられます。

最近では、バラエティ豊かなデザインの結婚指輪が登場しており、オーダーメイドで入手することも可能です。ただし、エンゲージリングとは違って、マリッジリングは日常的に使用するため、実用性も大切なチェックポイントとなります。

例えば、ダイヤなどの石が多く施されたリングは、ゴージャスな雰囲気をかもし出し、リッチな気分を盛り上げてくれます。しかし、その反面、石留めの部分が引っかかったり、石揺れが発生したりする可能性が高く、日常使いには適さないという問題もあります。したがって、結婚指輪としては、石の数を抑えたもの、もしくは石無しのものをおすすめします。

結婚指輪の形として、定番と言われるストレートラインは、実用的でシンプルなデザインが人気を呼んでいます。

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪とは異なり、一生身に着けるのが結婚指輪です。したがって、お洒落使いの指輪と比べて、ファッション性のみならず、強度や実用性なども重要になります。最近では、マリッジリングにもさまざまな種類が登場していることから、選ぶのに困るというケースも多く存在します。

昨今では、いろいろなデザインの結婚指輪がラインナップされ、オーダーメイドのサービスも提供されています。ただし、結婚指輪は、日常使いであることを踏まえ、実用性の高いものを選ぶことも大切です。

マリッジリングの形では、ストレートラインが定番と言われています。この形のリングは、結婚指輪というイメージが強いほかに、トレンドに左右されない、飽きない、女性にとっては他のアクセサリーなどとの相性が良いデザインとして人気です。また、シンプルな形状なので、男性にも着けやすいリングと言えます。この形のリングの幅・太さは、一人ひとり着け心地の良いものを選びましょう。

また、ウェーブラインのリングは、流れるような印象で、アシンメトリーの魅力があります。最近では、繊細でさり気ないものが人気です。ただし、華奢過ぎると、強度が足りなくなってしまいます。

当サイトでは、結婚指輪のデザインに関するさまざまな情報をご提供します。皆さんの中で、これから結婚指輪を持ちたいと考えているものの、その選び方が分からずに困っている方は、是非チェックして、実生活で役立ててみて下さい。